眼瞼下垂手術で視界バッチリ~信頼ホスピタル選択術~

目が開きににくい病気

女性

目が開きににくい状態を眼瞼下垂と言います。原因は先天性の場合がほとんどですが、加齢による筋力の低下も挙げらます。先天性眼瞼下垂の治療法は手術が基本です。後天性で眼瞼下垂が発症した場合、視力低下の懸念、脳動脈瘤発症の可能性を考慮し、早期のの専門医への相談が重要です。

眼が十分開きにくい病気

医者

眼瞼下垂は、まぶたがあがりにくい状態のことをいい、先天性のものから疲労まで、原因はさまざまです。また、治療方法も原因によって異なってきますので、専門の医師へ受診し、相談しながら最善の治療方法を選択していくことが重要です。

原因と注意点

女性

眼瞼下垂は目のまぶたの筋肉が弱くなって目が開きにくくなってしまう病気です。目が開きにくくなる症状のほか、顔の余分な筋肉を酷使することによって肩が凝ったり阿多s真が痛くなったりします。まぶたに強い刺激を与えないように注意するのが予防方法です。

早めの治療が重要

こちらの情報サイトで、辛い眼瞼下垂を解消することができます。原因や改善方法について紹介していますよ。まぶたすっきりを実現しましょう。

様々な弊害をもたらす

注射

まぶたが下がってくる症状を、眼瞼下垂と言います。眼瞼下垂は、先天性、後天性、そして老人性と大きく3つに分けることができます。高齢者の方が増加している日本では、老人性眼瞼下垂に悩まされる方が増えています。眼瞼下垂は視界が悪くなるほか、放置していると全身の健康を悪化させる原因となります。眼瞼挙筋には、ミューラー筋が付随しています。眼瞼下垂によりミューラー筋が過度の緊張を起こしてしまうため、慢性的な肩こりや偏頭痛の症状が出ます。また、自律神経が不安定になるほか、姿勢が悪くなることで不健康になるリスクが高まります。その他、目が小さく見えるほか、おでこのしわが深くなるため、見た目が老けて見える弊害もあります。健康のためにも見た目のためにも、眼瞼下垂の場合には手術をした方がいいでしょう。

病院選びのポイント

眼瞼下垂の治療は、信頼できる病院を探すことから始まります。信頼できる病院を探すためには、2つのことに留意する必要があります。1つ目の留意点が、専門医がいる病院を選ぶことです。眼瞼下垂の手術は、主に形成外科医や美容外科医が担当します。専門医であれば眼瞼下垂の治療実績が多く、様々な症状に合わせて適切な治療を施してくれます。2つ目の留意点が、医師がカウンセリングをしている病院を選ぶことです。カウンセリングで適切な診断を受けることができ、治療方法や費用も細かく知ることができます。カウンセリングは多くの病院が設けているため、カウンセリングを利用し確認してみましょう。眼瞼下垂は徐々に辛い症状が出てくる病気です。早めに治療を受けることで、まぶただけではなく、全身の健康を守ることができます。